くびれが欲しい!お腹の脂肪吸引をするなら

お腹の脂肪吸引はどの方法がベスト?デスクワークが多くなってきたからか、歳のせいなのか、お腹のお肉が落ちにくくなりました…。ジムに通っても空いた時間にストレッチをしていてもお腹のお肉が気になってしかたがなく、お腹の脂肪吸引をお願いしました!

城本クリニックにお願いしましたが、見事美しいウエストに…。10代に戻ったかも(笑)

お腹の脂肪吸引は、利用者がとても多い施術です。そのため、お腹の脂肪吸引に適した施術法がたくさん誕生しています。こちらでは、注目したい施術法を一部ご紹介します!

お腹の脂肪吸引に最適な方法はコレ!

■超音波式脂肪吸引
お腹の脂肪吸引なら、切らない脂肪吸引よりもカニューレを使用した脂肪吸引が適していると思います。脂肪量にもよるとは思いますが…。
特に、超音波を使用した脂肪吸引は施術もスムーズで、ダウンタイムも少なめでした。超音波式脂肪吸引は、体内または体外から超音波をあてることによって脂肪を乳化させ、吸引しやすくします。
従来の脂肪吸引よりもずっと身体へのダメージも少ないんですよ。
■ミケランジェロ
男性にも需要がありそうなのが、ミケランジェロというベイザーハイデフ脂肪吸引の一種。
ミケランジェロは、南米のコロンビア生まれで、ビバリーヒルズを中心に大流行している美容機器です。
ただ脂肪を吸引するだけでなく、彫刻のように理想的なボディラインをつくりだしていけるのがミケランジェロのすごいところ!
ヒップラインを美しくしたい、腹筋のシックスパックをつくりたいなど、今までは受け入れにくかった要望もミケランジェロなら叶えてくれるかも。

お腹の脂肪吸引の注意点

腹部には内臓があるため、脂肪吸引を受けるなら絶対に熟練したドクターを選ぶようにしましょう!

また、そのリスクをわかっているクリニックでしたら絶対に院長レベルの実績あるドクターしか施術を行いません。まずは実績を確認してくださいね。

お腹の脂肪吸引はドクター選びが重要術後は内出血や腫れを生じますが、痛みはそれほど続くことはないので、事務仕事のようなものでしたら2~3日の休みがあれば大丈夫でしょう。
術後は、皮膚がたるんでしまわぬよう、しっかりと圧迫することが大切です。

お腹の脂肪吸引を行ってから、胸やヒップなどに採取した脂肪を注入する「脂肪注入」を選択する人も多いです。脂肪注入は、脂肪吸引によって吸引した自分の脂肪を使うため、異物を入れないことで発ガンなどの後遺症の心配もありません。シリコンのような不自然さのない仕上がりになります。

お腹の脂肪吸引、そして脂肪注入にも興味がある方は、是非専門的に扱っているクリニックを選んでくださいね。

このページの先頭へ